ノーマライゼーションと安心感のあるデザイン

ノーマライゼーションと安心感のあるデザイン

デザインコンセプトは「ノーマライゼーションと安心感のあるデザイン」。グループホームという公共性のある建物の為、バリアフリーを追求した、また、耐久性とデザインの一般性を重視したものとなっています。外観は、切妻の寄せ棟でシンプルなデザインをとり調和性を重視、ただし、主張する部分を残しています。内部は、公共性を重視した造りとし、皆が集まるリビングルームには高い天井と天窓を作り、明るさを保つとともに、梁を通すことによって変化をもたせています。

【見所】公共建築物の中の調和の取れたデザイン

ご相談・お見積もり無料
ページ上部へ