資金計画・住宅ローンについて

住宅ローン借入事前審査してもらえますか?

A.はい、無料にて承ります。

 ジャーブネット提携住宅ローン「フラット35の事前審査」にて、お客様ご自身の住宅ローンの借入可能額を無料にて審査させて頂きます。
 

 いくつか必要書類をご準備いただくだけで審査可能ですので、ご計画の初期段階で審査を受けていただくことをお勧めしております。また、書類お預かり後、数日中にて審査結果をお知らせします。

 通常の住宅ローンは、建物プラン、建物配置、建築地等すべてが決まってないとできませんが、いずれも決まってない段階から審査可能なので大変ご好評いただいております。

 ぜひ、お気軽にご相談ください。

頭金は必要ですか?

A.新築のご計画の総額によっては、頭金がなしで、すべて住宅ローンにてということも可能です。お気軽にご相談ください。

 

ローンっていくらぐらい貸してくれますか?

A.一概に言えないのですが、ご年収、借入期間、返済希望額が分かればだいたいの借入可能額は算出できます。当社にて作成した「借り入れ可能計算表」がありますのでご参考にしてください。ご希望の方は、お問い合わせください。
 

資金相談にのってくれますか?

A.はい。お気軽にご相談ください。
お客様のご希望、条件に合わせてよりよい資金計画を御提案することも可能です。
 

いくらぐらいで家が建ちますか?

A.商品によって異なるのですが、シンプル設計の家「スミレ」でしたら、
建物本体で33万円~(45坪3LDK)です。
ただし、基本的には自由設計のため間取りにより異なります。
 

Q.予算内で満足のいく家づくりをするコツは?

A.家づくりのプランを考えていると、どうしてもあれもこれもと要望が多くなってしまいます。
これから先の長い人生をともに歩んでいく家なんですから、できる限りの要望を叶えたいと思うのは当然のことですね。予算内で満足のいく家づくりをするコツは、まず「これだけは絶対に実現したい!」というこだわりをしっかりと見極めることです。そして実現したいものから順に並べていき、その順番に応じてプランに組み込んでいきます。何を第一に実現したいかという要望は家族のみなさんで意見が異なるでしょうから、あらかじめそれらをきちんと取りまとめておくことも重要ですね。
 

Q.結局、全部でいくらかかるの?

A.家を建てる際に必要なお金の総額は、次を目安にお考えください。

  1. 1.建築費(本体価格、付帯価格、設計管理料)
  2. 2.消費税
  3. 3.諸費用(登記費用、登録免許税、借入手数料、印紙税、ローン保証料、団体信用生命保険料、火災保険料、不動産取得税など)
  4. 4.その他(引越し費用、家具・家電製品の購入費用など)    この中でいちばんわかりにくいのは3の諸費用ですね。これは建築する家の大きさや住宅ローン借入金によっても異なるので一概に申し上げることはできません。だいたいの目安として100万円程度とお考えください。家づくりを考えるうえは建築費だけでなく、その他の必要経費についてもよくお考えのうえ、余裕を持った資金計画をおすすめいたします。
     

Q.住宅ローンの上手な組み合わせ方法は?

A.住宅ローンには多くの種類がありますが・・
一般的には公的ローン(住宅金融公庫・年金住宅融資・財形住宅融資)を優先して利用、それでも足りない場合は民間の金融機関のローンを利用します。ただ、常にこのような組み合わせがよいとは限りません。現在のような低金利の時代においては、低い金利で固定された固定金利の商品が有利です。また逆に高金利の時代に申し込みをすれば、返済終了時まで高い金利のまま払い続けなければなりません。民間の金融機関の住宅ローンは種類が多く、必要な書類の提出にかかる手続きが公的資金よりラクといった利点もあります。

ページ上部へ